ブランド通販まとめ

TOP

ブランド : ケイトスペード(kate spade)

アメリカ人のキャサリン(ケイト)・ノエル・ブロスナンとその夫のアンディ・スペードと共に、1993年1月にハンドバックを発表。ケイトスペードのクラシックで女性らしいファブリックやパターンは、文房具、シューズ、眼鏡、インテリア等、幅広いコレクションに取り入れられており、日本でも定番的な人気!

ブランド : フルラ(FURLA)

1927年にイタリア・ボローニャで、皮革業に精通した実業家 アルド・フルラネット(Aldo Furlanetto)がスタートさせたのがフルラ(FURLA)の始まり。 女性が社会に進出し始めたという創業当時の流れを受け、働く女性のために高品質で機能的、 しかもバランスのとれたプライスの商品を提供する事を目的とした、フルラのスタイルが確立された。 現在もそのポリシーは受け継がれ、世界中の女性に愛されるブランドとなっている。

ブランド : プラダ(PRADA)

1913年、イタリアミラノでマリオ・プラダとその兄弟が創業した皮革製品店が始まりのイタリアを代表するブランド。3代目のミウッチャ・プラダは伝統と革新を見事に調和させ、プラダの他、ミュウミュウも展開している。 自社ブランド以外に、イギリスの靴メーカーのチャーチ、CAR SHOEを傘下におく。かつてはジル・サンダー、ヘルムート・ラングも傘下にあった。

ブランド : タトラス(TATRAS)

ヨーロッパ中のハイクオリティな素材と洗練されたデザインをうまく融合したブランドです。ダウン素材には世界的にも歴史のある上質な素材として知られる、 ポーランドのホワイトグースダウンを使用、ポリアミド素材は、フランス SOFILETA 社のもの、ジッパーにはポーランドで50年以上続く老舗メーカー ALPHA 社製のものを使うなど、最高級の素材へのこだわりが窺えます。TATRAS のブランドアイコンである3つの星には、機能的で、洗練され、唯一無二という意味が込められています。

ブランド : ヘルノ(HERNO)

1948年ミラノの小さな町レーザで創業。クラシコイタリア協会発足時から加盟しており、毛(ビキューナ)やカシミヤなどの高級素材を使用した、伝統とクオリティを大切にしながら、クラシックな雰囲気にテクノロジーをうまく組み合わせたコレクションが魅力。現在ではイタリアンスタイルの真髄を表した品位とエレガンスのある製品として世界中に広まっている老舗コートブランドです。

ブランド : モンクレール(MONCLER)

フランス発のファッションブランド、MONCLER(モンクレール)をご紹介致します。代表商品であるダウンウェアには、年間の供給量が限られている最高品質のグースダウンが用いられており、製品ひとつひとつが熟練職人のハンドメイドで製造されています。現在は数々のファッションデザイナーとのコラボレーションも盛んに行っており、クオリティとファッション性を両立させたプレミアムダウンウェアとしての地位を確立しています。

ブランド : ロンシャン(LONGCHAMP)

1948年、ジャン・キャスグランがLONGCHAMP (ロンシャン)を設立。 1957年にメーヌ・エ・ロワール地方のセグレに工場を設立した後、地方に散在していた職人たちを当地に集め、 本格的に活動を開始した。ラムスキンの旅行鞄やナイロンと革がコンビになったラゲージラインなどが ロンシャンスタイルとして知られている。さらにナイロンの折りたたみバッグxtra-bagを発表。 そして1975年、新たにソフトで優しいスタイルが誕生する。 これがヴォーネフローネという今でも愛され続けている、ロンシャンの代表的定番ラインである。

ブランド : ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

1966年、モルテド夫妻が北イタリアのヴィチェンツァにてBottega Veneta(ボッテガ ヴェネタ)を創設。 イタリア・ヴェネト地方の熟練した革職人の伝統、クラフトマンシップに深く根ざした最高品質のアイテムを展開。 ボッテガ(工房)の名の通り手作業による靴作りを行い、滑らかなめし革の革紐を用いた編みこみ バッグ「intrecciato」や茶と黒の生地を合わせたマルコ・ポーロのシリーズ、ポインテッド・ ヒールが有名。

ブランド : フェンディ(FENDI)

FENDI(フェンディ)は、1925年にイタリアで、アデーレ・フェンディとエドアルド・フェンディ夫妻により創立。 ローマに革製品店を設立し、毛皮のコートを売り出したことで成功しました。 1946年以降には、フェンディの5人の娘達が「偉大なる母」と呼ばれるアデーレ・フェンディの後を受け継ぎ、 その後、当時 27歳であったカール・ラガーフェルドを主任デザイナーに抜擢。フェンディ一族とカール・ラガーフェルドの 強力なタッグによるクリエイションは、今もなおワールドワイドに人々を魅了し続けています。

ブランド : バレンシアガ(BALENCIAGA)

パリのファッション・デザイナー。スペイン生れで,マドリードやバルセロナに店をもっていたが,1936年にスペイン内乱が始まるとパリに出て,37年に店を開いた。第2次世界大戦後は,パリ・ファッション界の人気をディオールと二分した。彼のデザインは,男子服の修業をしているため,むだなディテールがなく厳格で端正な古典的フォルムをもっている。黒を好み,白と黒を対比させたそのデザインは,しばしばドラマティックと呼ばれている。

ブランド : セリーヌ(CELINE)

セリーヌ・ヴィピアナが、1945年子供革靴専門店からスタートしたフランスのファッションブランド。1997年にチーフデザイナーとしてマイケル・コースを迎え入れ、世界的名門ブランドとして認知された。2008年、クロエで活躍したフィービー・ファイロの後任として、2018年元サンローランのエディ・スリマンがクリエイティブディレクターに就任。力強く、ミニマルなパリジャンらしい落ち着いた女性らしさが魅力のコレクション。

ブランド : コーチ(COACH)

1941年アメリカはニューヨーク・マンハッタンのロフトで家族経営の皮革小物制作を マイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻とその仲間がはじめたことがコーチの始まりです。 使い込むほどに味が出てくる野球のグローブに着目し化学製品でコーティングしていない天然皮革を用い 手作業で作成したバッグを中心にファッション分野へ進出しました。定番のシグネチャーモデルから、 より可愛らしいデザインに特化したポピーなど様々なアイテムで支持され続けています。

ブランド : ストーンアイランド(STONE ISLAND)

イタリアのアパレル会社「C.P.カンパニー」とともに展開しているファッションブランド。他に類を見ないような画期的な布地や、細かい部分にまで研究・応用し、スポーツウェアとは思えない革新的なウェアを提案し続けている。

ブランド : ロエベ(LOEWE)

1846年スペインのマドリードの中心部に皮革製品の工房が設立される。その後の72年、ドイツの職人 エンリケ・ロエベ・ロスバーグがマドリードに来て革加工工房に加わり店舗を開店させることになりました。 特に有名な「アマソナ」を始め、風格と気品のあるデザインのアイテムが揃っています。 各著名人や有名モデルがこぞって使用し、一躍世界中の女性の憧れとなりました。

ブランド : グッチ(GUCCI)

1923年グッチオ・グッチ(Guccio・GUCCI)が高級皮革製品の店をフィレンツェに創業。 グッチのブランドコンセプトは「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」。 グッチオ・グッチの考案した自らの頭文字をあしらったダブルGのモノグラムは今でも世界中で愛され続けています。 クラシックなデザインで世代を超えて愛されるトップブランドです。

ブランド : ステラマッカートニー(STELLA MCCARTNEY)

イギリス発のファッションブランド『STELLA McCARTNEY(ステラマッカートニー)』。元ビートルズのポールマッカートニーの娘であると共に、かつてシーバイクロエのディレクションを務めた経験も持つ世界的デザイナーでもある。熱心な動物愛護者としても有名で、全ての製品に皮革やファー素材を一切使用しないのが特徴。スタイリッシュで洗練されたエコプロダクトで、今も尚世界中を魅了し続けている。

ブランド : クロエ(CHLOE)

1952年、マダムギャビーアギョンがクロエを発表。 ブランド名の由来はロンゴスの古代小説「ダフニスとクロエにまつわる牧人風のレスポス物語」を原作とした、 バレエ音楽「ダフニスとクロエ」。物語の主人公であるクロエの優雅な踊りからインスピレーションを得たと言われています。 クロエはパリを拠点としフェミニンかつ大胆なデザインで女性から絶大な支持を受けています。

ブランド : シーバイクロエ(SEE BY CHLOE)

フランスを代表するファッションブランド「Chloe(クロエ)」の妹ブランドとして2001年に誕生した「See By Chloe(シーバイクロエ)」。クロエのスタイリッシュで繊細なデザイン性を引継ぎつつ、カジュアル性とリーズナブルな価格設定に重点を置いたコレクションが特徴です。デザイナーにはステラ・マッカートニー、フィービー・フィロ、ハンナ・マクギボンと名立たる人物が担当しており、世界中の若者達から絶大な支持を集めています。